誰でも利用可能なオープデータカタログと活用事例

2021/08/26
NoCode Japan
誰でも利用可能なオープデータカタログと活用事例

当社の運営するオウンドメディア・ノーコードジャパンニュースにて、「誰でも利用可能なオープンデータカタログと活用事例まとめ」を公開しました。

近年、各国政府やテックジャイアントは、保有するデータを二次利用可能な形で公開する「オープンソースデータ」の取り組みを進めており、オープンデータの活用は世界的な潮流となっています。

我が国においても「官民データ活用推進基本計画」が制定されたことがきっかけとなり、公共データのオープンソース化が急速に進んでいます。

ノーコード開発ツールを活用することで、特別な専門知識がなくてもオープンソースデータの取込・活用が可能となるため、当社としても注力すべき分野のひとつとして捉えています。

実際に活用事例を参照して見ると、ノーコード開発により代替可能なものが数多く見受けらるため、今後のノーコード業界を把握する上でも参考として頂けますと幸いです。

Tags:

Share:

Author

NoCode Japan

NoCodeJapan株式はプラットフォーム事業、システム開発事業、教育事業を軸にノーコード開発を起点としたソリューションを提供しています。また、ノーコード開発者をサポートするためのあらゆる環境と機会を提供することで、DXを推進し生産性の向上に貢献します。

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Other News

  • 大阪府の職員の方々に向けてDXセミナ...

  • 日本経済新聞にて、弊社の社員が取り上...

  • 第2回NoCoding Battle...

  • キャリアハックに弊社のインタビュー記...

  • 早稲田大学にて「コード不要のアプリ作...

  • Click、新キャンバスリリースのお...

  • 情報経営イノベーション専門職大学との...

  • 誰でも利用可能なオープデータカタログ...

  • ノーコード・ローコード市場を把握する...

  • 一般社団法人ソフトウェア協会主催の「...

  • 日本大学にてオンラインセミナーを「ノ...